知らない人は損してる?!愛媛県にある松山城はすごい

松山城ってどんな城なの?

「松山城」は、松山市内の中心部にある名城です。松山城は「現存天守12城」や「日本三大連立式平山城」、「日本100名城」に選ばれています。松山城がこれほど讃賞される理由は、築城当時から現存している建造物の多さにあります。松山城は大天守を含む21棟が江戸時代から再建されることなく残っており、これらはすべて国の最重要文化財として登録されています。昔からある”本物”の城という点が多くの人を惹きつける魅力になっているのです。

松山城のすぐ近くにある城跡も魅力満点

松山城は城山の頂に建てられています。山頂から西南に下ったところには、かつて城の一部として機能していた「二之丸」と「三之丸」がありました。現在、二之丸は「二之丸史跡庭園」、三之丸は「城山公園堀之内地区」として利用されています。二之丸史跡庭園は、ロマンスにまつわるエピソードが多いことから、恋人の聖地にも認定されています。
松山城の周辺には約200本の桜が植えられており、春になると見ごろを迎えます。主に植えられているのはソメイヨシノですが、ほかにも早咲きや遅咲きの品種もあるので、長い期間、桜を楽しむことができます。

松山城の入場料金は大人510円、小学生150円になっています。城へ行くためのロープウェイもかかっており、往復利用料金は大人510円、小学生260円です。また、二之丸史跡庭園にも別途入場料が必要で、価格は大人200円、小学生100円となっています。
松山城へのアクセスは、JR「松山駅」から「道後温泉行き」市内電車に乗車して「大街道」で下車、そこから徒歩5分です。

フライアゴーを探す

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です