安らぎのイタリア・トスカーナ!祈りの旅へ出かけよう

祈りの街道を訪れよう

イタリアのトスカーナ州は、魅力あふれるスポットがいっぱいあります。一度の旅で、トスカーナ州の幸せな滋養を味わい尽くすのは、容易ではないかもしれません。そのため、ポイントを絞って巡っていくのがいいでしょう。おすすめしたいのが、まずは祈りにスポットをあてた旅です。ゆるやかなアップダウンを繰り返すフランチジェナの丘陵地帯は、ブドウ、オリーブ、小麦それぞれの畑でパッチワークされ、糸杉を従えた白い小径が、なんとも満ち足りた田園風景にアクセントを加えています。トスカーナといえば、まずは、フィレンツェを思い浮かべる人も多いですが、ここはルネサンスに光り輝く以前、ローマを目指した巡礼路でもあります。フランチジェナ街道にまつわる街は、よりディープでどこか懐かしい、心温まるローカルワールドが広がっていますよ。

信者ならずとも心洗われるミサへ

イタリア半島をローマまで、南北縦断するフランチジェナ街道は、中世初めの半島覇権争いを背景に、キリスト教の聖地巡礼流行のもとに発展してきました。神聖ローマ帝国となるフランク王国の街道であるフランチジェナ街道は、巡礼的には英国のカンタベリーからローマまでの壮大なルートです。シエナなどが宿場町として栄え、街道沿いの修道院は絶大な権力を持ちました。巡礼者のための施療院や疲れをいやす温泉、あるいはそれらを示すガイドブックまでも用意されていったのです。

今この街道は、幹線の国道がほぼトレースするように走っていますが、山間のトレッキングコース、ヨーロッパ推奨のサイクルロードとしても人気となっています。森や渓谷を抜け、中世の色濃い城塞の街を訪ねてみるといいでしょう。おすすめは、サンタンティモ修道院のミサですよ。

フライアゴーを探す

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です